●電動ミニSLの改造

展示会用に、かわいらしい、ミニSLを製作したのだが、使用した鉛電池が液漏れを

起こしていて、直ぐに動かなくなってしまう。

という、クレームに困ったお客様より、もっと安心して、8時間以上の長時間動く

バッテリーに交換して欲しいというお話が舞い込んできました。

 

早速、調べたところ、以下の改造が必要であることが判明

①鉛電池では重い

 鉛電池では、重くて、エネルギー密度も低くLiイオン電池に設計変更を提案。

②本体駆動系に問題

 ミニSL本体の駆動系に問題があることも判明。

<結果>

①搭載されていた電池を改造

 

鉛蓄電池(6V 12Ah)⇒Liイオン電池パック(11.1V 4.4Ah)

 

Liイオン電池パック1個で、20H以上も駆動出来ました。

 

 

②本体駆動部の改造

 

駆動部が、

プラスチックの平歯車とはず歯歯車の組合せにより、

駆動時の摩擦熱で、歯車が解けて変形しており、

無負荷状態でも30W程度も電力を消費していた。

       ↓

チェーン駆動に改造し、負荷が激減し、3Wまで激減した。

 

更に、車輪に軸受けがなく、本体と接触していたものを、

軸受けを取り付けて、耐久性も格段に向上した。

 

 

 

 

 

 

 

以上、写真提供 株式会社ナカヤ殿